vmwareの仮想マシン上のCentOS7のWebサーバーにアクセスしてみた

vmwareの仮想マシンにCentOS7とapacheをインストールして、vmwareを動かしているPCからその仮想マシンのウェブサーバーにアクセスしてみました。

本当はvmwareのNATを使ってPC内で接続するのがスマートなのでしょうが、vmwareも含めていろいろ設定しなければならないようなので、楽だと思われる方法にしました。

vmwareの仮想マシンは、vmwareのネットワーク設定をブリッジ接続にして、アクセスするPCと同じLANに接続した状態にします。

目次

  1. ウェブサーバーの状態を確認する
  2. ウェブサーバー用のポートを開ける

ウェブサーバーの状態を確認する

仮想マシン上のCentOSのipアドレスを確認します。

# ip addr

image0

ens33というのが、仮想マシンのipアドレスです。

Apacheの設定を確認します。

# cat /etc/httpd/conf/httpd/conf | less

Listen 80 となっていれば、80番ポートを使うということです。

Apacheが起動しているか確認します。

# systemctl status httpd.service

active (running) と表示されるはずです。

この状態でPCのブラウザからCentOSのアドレスにアクセスしても、接続できないと表示されます。CentOS7のファイアウォールが働いているからです。

ウェブサーバー用のポートを開ける

ファイアウォールの設定をして、ポートを開けます。

# firewall-cmd --add-service=http --zone=public --permanent
# firewall-cmd --add-port=80/tcp --zone=public --permanent
# firewall-cmd --reload

ファイアウォールの状態を確認してみます。

# firewall-cmd --list-all

image1

サービスにhttpが、ポートに80がありますね。ポートを開けると悪い人が入ってこようとしますので、開ける前にセキュリティの設定をしっかりしましょう。

ブラウザでCentOSのipアドレスにアクセスすると、apacheのテストページが表示されます。(ドキュメントルートにコンテンツが無い場合。)

image2

公開日